INTERVIEW

​貴明 役 : 田宮 拓
​インタビュー

IMG_5129-edited.jpg

Q. 虹落ちが様々なジャンルの方々から絶賛されてます。その1番の理由は何だと思いますか?

A. 一概に何とは難しいですが、監督の描く世界観が沢山の人の共感を得て広がっていってるんだと思います。

Q. 今回演じるにあたり、難しかった部分、意識した部分は何処でしたか?

A. バンドメンバーの空気感だったり
作品に溶け込むように心掛けていました。
役柄は撮影の度に最低だなこいつはと思っていました。(笑)


Q. 自分が演じた役のキャラクター以外で1番共感できた人物は誰ですか?その理由も教えて下さい。

A. それぞれの役、それぞれの部分で共感するものがあったので
絞るのはなかなか難しいですね。(笑)

僕自身もアーティスト活動、グループで活動をしていてその中での葛藤や夢に対する部分というのは心に響くものがありました。バイオレンス的な部分はまだ経験したことはないですが。(笑)

Q. 監督が試作品として製作した短編映画から引き続きの出演ですが、実際に様々な劇場で上映される長編映画に辿り着いた想いを聞かせて下さい。


A. 映画を製作して沢山の人に届けたいという想いは監督が本当に昔からおっしゃっていましたし、長年の夢だったと思うので、少しでもそれに関わせて頂いたことに幸せに感じています。

Q. 監督の演出方法で一番印象に残ったのはどんな事ですか?

A. 演じる側の意見や考えを尊重してくれたり聞いた上で演出して下さる印象がありました。
『見え方』みたいなものもとてもこだわっていた気がします。
あとは、完成した作品を見て思ったのは音や間の使い方が素敵だなと思っていました。
偉そうなこと言ってすみません。(笑)

0825_movie.00_38_41_09.静止画039.jpg
0825_movie.00_28_59_21.静止画027.jpg

Q. アーティスト活動との兼ね合いで中々撮影期間が取れなかったと聞いています。
参加した役者の皆さんの、“もっと現場にいたかった”と言う声が多いですが、そう思わせる現場の魅力は何だと思いますか?


A. 先程も言いましたが虹落ちのスタッフさん達が本っ当に演者ファーストでとても大切に接して頂いていたからだと感じています。感謝しています。

Q. 恋愛をベースにしながらも、目を覆いたくなるようなバイオレンスシーンもありますが、ご自身が1番好きなシーンはどのシーンですか?


A. 印象に残っているのは公平と珠江がスーパーで珠江の友達に会うシーンです。
何気ないシーンですが感じるものがありました。


Q.この先も「虹が落ちる前に」は続いていきます。どんな映画になっていって欲しいですか?

A. コロナ禍になって今からの時代、夢を追いかける人が少し減ったように感じています。
でもとても素敵なことだということをこの映画を通じて伝わっていって欲しいなと思います。