INTERVIEW

​登 役:昆 竜弥
​インタビュー

kon-tatsuya.jpg

Q. 様々な方から絶賛の声が上がっています。この映画に関わる事で1番嬉しかった事は何ですか?

A. 嬉しかった事は沢山ありますが、やっぱり門真国際映画祭の時のことは特別ですね。作品に対する評価がはっきりと形で証明された瞬間だったのであの喜びを皆で噛み締めた1日は忘れられないです。

Q. 短編映画「#000」からそのまま参加したメンバーのお1人とのことですが、あの頃との違いってありますか?

A. 心構え、ですかね。
続けて参加するからには新たにチームに加わるメンバーよりもより高い意識で現場に臨まないといけないので。


​Q. 守山さんが、門真国際映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞された際、泣いておられましたね?あの時はどんな思いでしたか?

A. 最近すぐ泣くキャラになりつつあって恥ずかしいです…(笑)
先日初めて本人にも言ったんですけど僕は本当に彼を役者として尊敬してるんです。現場で公平を、主演を、そして作品を背負ってる彼を見ていたので、最優秀主演男優賞で彼の名前が呼ばれた時に本当に嬉しくて溢れてしまいました。


Q. 登という役は公平を支えた1人ですが、1番心がけた事は何ですか?

A. 距離感ですかね。
役としてだけではなくどうしたら彼の支えになれるのか、ずっと考えてました。


Q. 監督は見どころを出演している役者だ、といつも言っています。
その中の1人だと言う事の想いを聞かせて下さい。


A. ありがたいです。
でもそれは出演している役者がどうしたら最大限活きるのか、役の大小関係なく模索して、僕達がやりやすいように現場の空気を作ってくれた監督のおかげだと思います。


Q, 登以外で1番共感できる人物は誰ですか?理由もお願いします。

A. やはり自分と重なる部分が多い公平だと思います。それ故に客観的に公平を見ていると苛立ちを覚える部分も多々あるんですけど…(笑)

 

0825_movie.00_50_56_01.静止画045.jpg
0825_movie.00_38_15_20.静止画038.jpg

Q. 監督は独特なキャラですが(笑)
監督との秘話を教えて下さい。


A. 秘話ですか…(笑)
よくご飯に連れて行って頂くんですが、撮影中や撮影が終わって2年経つ今でも、たまに色々な虹落ちの裏話というか実はあれこうやねんみたいなのを教えてくれるんです。撮影から2年経っても、逆に経つからこその発見があったり感動が更新されていってますね。


Q.「虹が落ちる前に」が向かう先は何処でしょうか?
そして昆さんが向かう先は何処でしょうか。


A. 正直なところこの虹落ちがどこまで行くのか行けるのかは僕には分かりません。ただ間違いなく観てくれた方の背中をそっと支えられる作品だと思ってます。
目の前にある1つ1つを大事に地道に、その結果ひょっとしたらひょっとするかもしれないので、このチームでもっともっと沢山の方に観ていただける様に頑張ります。
今はそれが僕の向かいたい「先」です。